So-net無料ブログ作成

55歳からのハローライフ第2話の感想 [感想]

55歳からのハローライフ第2話の感想です。


第2話『ペットロス』の主演は風吹ジュンさんでしたね。


皆さんは観ましたか?


第2話を観る前にあらすじを読んでいたのですが、

あらすじからペットが死んでしまうという事は予想していたのですが、

夫婦関係について自分の予想とはだいぶ違う結果でした。


スポンサーリンク




ペットロスのあらすじ


風吹ジュン演じる高巻淑子は

夫が自分の事を認めてくれない という不満を持っている。


そんな夫から気をそらそうと犬を飼い始める。


柴犬のボビーと一緒にいると、

嫌な夫の事を忘れることが出来ていたのだが、

そのボビーの体調に異変が起きる。


というようなあらすじでした。

ペットロスの感想


夫婦関係って難しいですよね。

今回のペットロスを観ていて思ったのがまずそれです。


風吹ジュン演じる高巻淑子は、

旦那さんが他の人の奥さんと自分を比べるというか、

自分を褒めてくれないという不満を持っているんですね。


私もそうですが、奥さんを褒める事ってしないんですね。

でももちろん感謝はしています。


世の中の男性、特に今の55歳位の年代の人で、

照れることなく奥さんに感謝の気持ちを伝えたり、

褒めたり出来る人ってどれくらいいるんだろう。。。


話は戻りますが、この旦那さんも内心では、

淑子の事を認めていないわけでもないし、

愛していないわけでもないんだな、というのは伝わってきましたね。


ただ、口が悪いし言い方が下手くそだから淑子の不満も大きくなっていくのだと。


そんな不満から犬を連れて散歩に行って、

他の男性に恋い焦がれそうになり、それが楽しみになる・・。

その延長線上に不倫・離婚があるのでしょう。
※今回はそこまでいってませんが!


今回観ていて、特にボビーの体調が悪くなり始めのころ、

あの頃の旦那さんの態度は淑子からすれば許せないでしょうね。

毛が落ちるから家に入れるな、たかが犬だろう・・・と。

実際に怒ってましたし、たしかに怒るだろ・・と共感もできました。


ただ旦那さんからすれば、淑子を心配してのことですけど、

言い方がヘタクソで、というよりヤキモチで変な言い方になってしまっているんですね。


人間は所詮寂しがり屋ですからね、相手にしてもらえなくなると

子供で言うとスネるんですよね。今回の旦那さんはそれに近かった。


最終的にはボビーは亡くなってしまうのですが、

その後に、何気に淑子が旦那のブログを読むことになり、

読んでみると以外にもボビーについての事が書かれていたんですね。


それを読んで淑子もうれしかったのか、

また犬を飼いたいという事になるんですけど、


あのブログを淑子が読まなければ、

どうなっていたんだろうかと。


きっと不満ばかりを募らせて、最終的には別れたりしたかもしれない。


夫婦関係だけではないですが・・・思いやりですかね。


自分としてはそういった事を考えました・・。

  • 55歳からのハローライフ 第1話感想 ド




  • スポンサーリンク




    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:テレビ

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    トラックバック 0

    トラックバックの受付は締め切りました

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。